タクシードライバーの仕事内容・特徴

人を目的地まで運ぶ仕事

タクシードライバーの仕事は、簡単に言えば、乗客を乗せて目的地まで運ぶことが仕事といえます。タクシーの種類によってどのような人が利用するかは様々であるので、安全に車を運転するための能力とともに、円滑なコミュニケーションをとる能力も非常に重要となります。タクシードライバーは、給与の支払い方法が特徴的で、基本給とともに歩合給が支払われる仕組みを採用していることが多いです。頑張れば頑張るほど稼ぐことができます。街中で乗客を乗せて運ぶことが多いので、街中に関する詳しい地理を知っていることと同時に、街の一日の流れを把握していることも重要です。どのような時間帯にどこに行けば効率的に乗客を捕まえることができるかを知っていなければ稼ぐことはできません。

様々な種類があるタクシードライバー

タクシードライバーと一口にいっても、様々な種類があります。街中で乗客を捕まえることが一般的なタクシードライバーですが、観光客や高齢者、子どもを対象としているタクシードライバーもいます。タクシードライバーの種類によっては、必要となる能力や給与、資格などが異なってくるので、よく確認することが必要です。観光タクシーとは、特定の乗客を乗せて、観光地の解説や案内などをしながら巡るタクシーのことを言います。観光についての深い知識と話術が必要となるでしょう。高齢者に向けた介護タクシーというものは、体の不自由な人を相手とするので、介護にかかわる資格が必要となることが多いです。キッズタクシーとは、子どもの送り迎えをするタクシーで保育士の資格があると採用確率が高まります。