トラックドライバーの仕事内容・特徴

荷物を決められた場所に送り届ける

車の運転を主な仕事とする職業の中でも、トラックドライバーは特に需要が多いと言われています。トラックドライバーの基本的な業務として挙げられるのが荷物の配送です。これは文字通り決められた場所に荷物を送り届ける仕事になります。一口に配送と言っても、長距離とルート配送の2種類に分類され、それぞれ役割が異なるのが特徴です。長距離ドライバーは他県など遠く離れた所に届ける形になります。場所によっては数百km近く運転して、数日間掛けて往復するケースも珍しくありません。それに対してルート配送は近場にある複数の場所に届けるのが仕事です。長距離に比べて運転の負担は短い分、決められた時間を守らなくてはいけないため、道路状況などをしっかりと把握しておく必要があります。

トラックドライバーならではのメリット

トラックドライバーに対して、肉体的な負担など大変なイメージを抱いている人も少なくありません。しかし、この仕事ならではのメリットもたくさんあります。その一つが働くやすさです。荷物を送り届けることが業務となるので車の運転ができることは前提となりますが、その条件さえ満たしていれば年齢や性別に関係なく働けます。運送業界は需要に対して人手が不足しているため、自分の希望する条件で働きやすいのが特徴です。精神的負担の少なさも魅力に挙げられます。配送の仕事は殆どの時間帯を1人で過ごすことができるので、人間関係などで頭を悩ませることがありません。人付き合いが苦手で職場に上手く溶け込めないという人にとってこの点は大きなメリットと言えます。