タクシードライバーのメリット

何といっても自由度の高さが魅力!

タクシードライバーは車内での業務が中心であり、基本的に自分ひとりによって仕事が進みます。そのため人間関係によるストレスを受けにくい上、仕事のペース配分などはその日の調子に合わせながら、自由に調整することが可能です。例えば心身が好調ならいつもよりバリバリ稼ぐこともできますし、その一方で気分が優れない時には休憩を多めに取るなど、柔軟なペース配分が可能です。

ちなみにタクシードライバーの給与では、基本給+歩合給というスタイルを採用している会社がほとんど。まるで自営業のように頑張れば頑張るほど大きく稼ぐことができる点も、見逃せない魅力と言えます。とにかく人の目を気にせずにマイペースで働きたい方などは、タクシードライバーが最適かもしれません。

休日が多いからプライベートも充実!

世間一般でのタクシードライバーのイメージは、夜勤や残業が多いハードワークといったものかもしれません。確かに深夜勤務で働くドライバーが数多くいますが、実際には世間一般で思われているほどハードワークというわけでもないのです。まずタクシードライバーの基本的な勤務パターンの多くが、1勤務あたり深夜勤を含めた15時間から18時間の勤務形態。これだけ見ると大変そうに感じますが、翌日は必ず明け番になる隔日勤務なので、月の半分は休める計算になります。

1勤務あたりは長時間なるものの、仮眠や軽食するだけの休憩時間は確保できるので、それほど心配する必要もありません。仕事と休みとのメリハリが付きやすく、休日もたっぷりと時間が取れるため、趣味や家族サービスといったプライベートの時間も充実させることが可能です。