トラックドライバーのデメリット

職種によっては希望通りに休めないこともある

トラックドライバーの職種の中でも、長距離ドライバーなどの全国各地を回るものは、給料の面では恵まれているものの、希望通りに休みにくいといったデメリットがあります。特に、ドライバーが足りていない運送会社においては、毎月の休日の数が少なくなったり、休日出勤を命じられたりすることもあるため、採用時に担当者ときちんと話し合っておくことが大事です。最近では、ドライバーの早期離職を防ぐため、様々な雇用形態のドライバーを採用したり、働き方を見直したりしている運送会社も少なくありません。そこで、ドライバーの仕事をつづけながらプライベートの時間も充実させたい人は、求職中にドライバーの求人募集をしている会社の取り組みをよく理解しておきましょう。

同じ会社で長く働いても給料が上がりにくいことも

トラックドライバーの基本給や手当の金額は、就職時に高めに設定されることがありますが、事務系や技術系の職種と比べて同じ職場で長く働いても給料が上がりにくい傾向が見られます。また、特定の地域内で業務を担当するドライバーは、長距離ドライバーと比べて収入があまり良いとは言えず、人によっては離職の理由となることもあります。そうした中、トラックドライバーとして収入面で満足して働きたい場合は、長期勤続者を優遇しているところや、将来的に運行管理者など管理職を目指せるところを就職先に選ぶのがおすすめです。なお、福利厚生や休暇制度などにこだわってドライバーの仕事を探すうえで、正社員のドライバー求人がたくさん紹介されているサイトやアプリを使ってみるのも良いでしょう。